サンプルアイチャッチ

どんなスリングがおすすめ?

スリングの選び方について

スリング(ベビー用)に改良を加えた、簡単便利な抱っこひも販売の紹介や選び方についてご紹介したいと思います。スリングを購入する前に是非ご覧になってください。

スリングは肩に布をかけます。この時に布の幅が狭いものを選んで使うと、肩に負担がかかってしい痛くなります。スリングには肩の部分にパットが入っていたり、綿が入っているものがあります。肩への負担が気になる人はパット入りや綿入りのスリングを選ぶのもいいのでは?

スリングのデザイン
スリングを選ぶときデザインを重視する人がいます。最近のスリングは色も柄も増えてきて、ママたちも服装に合わせてスリングの色を変えたり柄を選んだりする人も少なくはないでしょう。柄の種類はストライプやチェック、花柄であったり水玉、和風柄など色々!ママの好みで選ぶ人がほとんどと思いますが、スリングを使う人はママだけでしょうか?

パパがスリングを使用してお買い物に行ったりおでかけすることもあるかもしれません。男の人が花柄や水玉のスリングを使って外に出るのはちょっと恥ずかしい思いをするかもしれません。パパにもスリングを使う機会があるかもしれないのなら、女性も使えて男性が使っていてもおかしくない、恥ずかしくない色や柄のスリングの購入をおススメします。

それかパパ専用のスリングを購入してみるのもいいと思います。パパにスリングを買うことで育児に積極的になるかもしれませんよ!
スリングの生地
スリングを選ぶとき生地にも注目してみるといいでしょう。スリングの生地にも種類があります。厚手の生地は冬には暖かいかもしれませんが、夏も使用しつづけると赤ちゃんは汗をびっしょりかいてしまうでしょう。スリングを選ぶときは厚みのある生地よりも薄手の綿の生地をおすすめします。冬の寒い日であれば赤ちゃんに暖かい洋服を着せてあげれば薄手の綿のスリングでも寒さを感じることはないでしょう。また生地は丈夫なものを選んでください。生地が簡単に伸びたり見た目にも薄すぎるスリングは購入を避けましょう。

スリングの魅力は両手を使わずに抱っこすることです。スリングに頼って両手で赤ちゃんを支えたり手をまわしたりしないことだってあります。家事などをしながら丈夫ではないスリングを使用しているとき、スリングが破けたりして赤ちゃんが落っこちたりするかもしれません!そんなことになったら大変です!子供の身を預けるスリングです。生地は丈夫でやぶけにくいものをおすすめします。また、スリングは赤ちゃんの肌に直接触れたりしますよね。赤ちゃんにとってもママにとっても肌触りの良いスリングを選んでください。

スリングを購入する場合はどのような場所で購入しますか?デパート?通販?インターネットオークション?赤ちゃん用品を取り扱っている専門店?色々な購入場所がありますね。デパートや赤ちゃん用品を取り扱っている専門店で購入する場合は、実際にスリングをつけてみたり店員さんなどにつけ方のアドバイスを貰いましょう。

スリングは慣れたら素早くつけることができますが、慣れるまで結構難しいし時間がかかるのです。スリングのつけ方を紹介している本などもありますが、店員さんなどがスリングのつけ方知っているのであれば、直接聞いて実際につけ方を教えてもらうのがいいでしょう。通販で購入する場合は実際に手にとって見ることができないので、生地の種類や長さ、体系にあったスリングか、丈夫な生地で作られているかをきちんと調べて購入しましょう!インターネットオークションで購入する人もいますね。

値段は手ごろかもしれませんが中古だと生地がのびていたりどれぐらい使用したかわからないものがあるでしょう。赤ちゃんの安全性を考えるのであれば新品のスリングを購入することをおすすめします。

Favorite

ブランコ diy

ページのトップへ戻る